Dear my vision ニチコン
サイトマップ お問い合わせ サイト内検索
トップページ  製品紹介  初めてのコンタクトレンズ  正しいお手入れ  健康な瞳のために  よくあるご質問
初めてのコンタクトレンズ
コンタクトレンズとは?
コンタクトレンズのつけ方・はずし方
ハードコンタクトレンズのつけ方・はずし方
ソフトコンタクトレンズのつけ方・はずし方
コンタクトレンズの使用サイクル
使用上の注意
あなたのコンタクトレンズができるまで
ニチコン取扱い施設
ハードコンタクトレンズのつけ方・はずし方
トップページ > 初めてのコンタクトレンズ > コンタクトレンズのつけ方・はずし方 > ハードコンタクトレンズのつけ方・はずし方

動画

ハードコンタクトレンズのつけ方・はずし方を動画でご紹介します。お好みのプレーヤーでご覧ください。
Macintoshの方はQuickTimeを選んでください。

ハードコンタクトレンズをつける前に

動画キャプチャー:レンズをつける前に
Windows Media Player
ファイルサイズ 843KB
ビットレート 約103Kbps
ファイル形式 WMV
QuickTime
ファイルサイズ 3.2MB
ビットレート 約400Kbps
ファイル形式 MOV

ハードコンタクトレンズのつけ方

動画キャプチャー:ハードコンタクトレンズのつけ方
Windows Media Player
ファイルサイズ 1.9MB
ビットレート 約103Kbps
ファイル形式 WMV
QuickTime
ファイルサイズ 5.4MB
ビットレート 約293Kbps
ファイル形式 MOV

ハードコンタクトレンズのはずし方

動画キャプチャー:ハードコンタクトレンズのはずし方
Windows Media Player
ファイルサイズ 1.5MB
ビットレート 103Kbps
ファイル形式 WMV
QuickTime
ファイルサイズ 4.4MB
ビットレート 約302Kbps
ファイル形式 MOV

ハードコンタクトレンズがずれた時

動画キャプチャー:ハードコンタクトレンズがずれた時
Windows Media Player
ファイルサイズ 1.5MB
ビットレート 約103Kbps
ファイル形式 WMV
QuickTime
ファイルサイズ 4.6MB
ビットレート 約316Kbps
ファイル形式 MOV


動画を見るためにはWindows Media PlayerまたはQuick Timeが必要です。
それぞれ無償配布されています。
ダウンロードされる方はアイコンをクリックしてください。(別ウィンドウで開きます)
Windows Media Player
Windows Media Playerのダウンロード
Quick Time
Quick Timeのダウンロード

   
ハードコンタクトレンズのつけ方・はずし方

ハードコンタクトレンズをつける前に
コンタクトレンズをつけたりはずしたりするときには、万一コンタクトレンズを落としたときも見つけやすく、しかも汚れないような明るく清潔なところで行ってください。

1
手・指は石鹸できれいに洗って充分すすいでください。ツメは短く、なめらかにしておいてください。
イラスト:手・指は石鹸できれいに洗って充分すすいでください イラスト:ツメは短く、なめらかにしておいてください

2
鏡を見て目に異常がないことをチェックしてください。もし何か異常を感じたらコンタクトレンズをつけるのをやめて眼科医に相談してください。

3
コンタクトレンズをレンズケースから指で取り出してください。右・左を間違えないために、常に同じ側(例えば右側)のコンタクトレンズから取り扱うように習慣づけてください。

4
コンタクトレンズのすすぎには、水道水またはぬるま湯(40℃以下)を使用してください。

5
コンタクトレンズに破損、傷、汚れ、変形などがないかよく観察してください。
指先やツメが直接目に触れないようにしてください。目に傷がつくことがあります。


ハードコンタクトレンズのつけ方
装用中、コンタクトレンズはまばたきをするたびに角膜の上を動きます。初めはコンタクトレンズの動きが気になることがありますが、慣れることで解消します。

コンタクトレンズのつけ方には、2つの方法があります。
<つけ方−1>

1
右のコンタクトレンズをつけるときは左手、左のコンタクトレンズをつけるときは右手の人差し指の先にコンタクトレンズの凹面を上にしてコンタクトレンズをのせます。
このとき指先を少し濡らしておくとコンタクトレンズを落としにくく、つけやすくなります。
 イラスト:右のレンズをつけるときは左手、左のレンズをつけるときは右手の人差し指の先にレンズの凹面を上にしてレンズをのせます。

2
目を開ける側の手の親指を下まぶたに、人差し指を上まぶたにあて、目をコンタクトレンズより大きく開けます。
まつ毛のはえぎわに指をあてると目を大きく開けることができます。
 イラスト:目を開ける側の手の親指を下まぶたに、人差し指を上まぶたにあて、目をレンズより大きく開けます。

3
コンタクトレンズを静かに黒目にのせ、人差し指を目からはなします。
このとき指を急にはなしたり、目を強く閉じるとコンタクトレンズが白目にずれることがあります。
このとき黒目にコンタクトレンズを押しつけないでください。
 イラスト:レンズを静かに黒目にのせ、人差し指を目からはなします。

4
次に目を開けていた親指→人差し指の順に、ゆっくりとはなします。

5
しばらくの間、目を軽く閉じているとコンタクトレンズが黒目の上で安定します。

4
目を開けて、軽くまばたきをしてコンタクトレンズが黒目の上に正しくのっていることを確認します。

<つけ方−2>

1
コンタクトレンズの凹面が上になるようにして利き手の人差し指の先にコンタクトレンズをのせます。
 イラスト:レンズの凹面が上になるようにして利き手の人差し指の先にレンズをのせます。

2
コンタクトレンズをのせた手を鼻と平行になるようにして、中指で下まぶたを引き下げ、もう一方の手の人差し指で上まぶたを引き上げ、目を大きく開けます。
 イラスト:レンズをのせた手を鼻と平行になるようにして、中指で下まぶたを引き下げ、もう一方の手の人差し指で上まぶたを引き上げ、目を大きく開けます。

3
コンタクトレンズを静かに黒目の上にのせます。
このとき指を急にはなしたり目を強く閉じるとコンタクトレンズが白目にずれることがあります。
このとき黒目にコンタクトレンズを押しつけないでください。
 イラスト:レンズを静かに黒目の上にのせます。

4
コンタクトレンズをのせていた人差し指を目からゆっくりはなし、次に目を開けていた中指→人差し指の順にゆっくりとはなします。

5
しばらくの間、目を軽く閉じているとコンタクトレンズが黒目の上で安定します。

4
目を開けて、軽くまばたきをしてコンタクトレンズが黒目の上に正しくのっていることを確認します。



ハードコンタクトレンズをつけるときのポイント
コンタクトレンズをつけるときには、鏡をご利用ください。このとき両目を大きく開け、鏡をまっすぐ見てください。
右・左の見え方がいつもと違っている場合、コンタクトレンズの右・左を間違えてつけていることがありますので、コンタクトレンズをはずして右・左をかえてもう一度つけなおしてください。症状が続くようであれば眼科医に相談してください。
目を開ける側の手の指の水分をよく拭きとってください。



ハードコンタクトレンズをはずす前に
1
手・指は石鹸できれいに洗って充分すすいでください。ツメは短く、なめらかにしておいてください。
イラスト:手・指は石鹸できれいに洗って充分すすいでください イラスト:ツメは短く、なめらかにしておいてください

1
鏡を見て、コンタクトレンズの位置を確かめます。


ハードコンタクトレンズのはずし方
コンタクトレンズのはずし方には、3つの方法があります。
<はずし方−1>

1
鏡を見ながら、目を大きく開けます。

2
コンタクトレンズをはずす側の手の人差し指の先端で、上まぶたのまつ毛のはえぎわを指先で押し上げます。  イラスト:レンズをはずす側の手の人差し指の先端で、上まぶたのまつ毛のはえぎわを指先で押し上げます。

3
押し上げた人差し指を垂直にして、指の腹で下まぶたを押さえます。  イラスト:押し上げた人差し指を垂直にして、指の腹で下まぶたを押さえます。

4
人差し指を垂直のまま外側(耳側)、やや斜め上方へまぶたを押さえたまま、引っ張ります。  イラスト:人差し指を垂直のまま外側(耳側)、やや斜め上方へまぶたを押さえたまま、引っ張ります。

5
コンタクトレンズは自然にはずれて落ちてきますので、もう一方の手のひらで受けとめます。

はずし方−2>

1
鏡を見ながら、目を大きく開けます。

2
コンタクトレンズをはずす側の手の人差し指で目尻を押さえます。目をできるだけ大きく開けます。  イラスト:レンズをはずす側の手の人差し指で目尻を押さえます。目をできるだけ大きく開けます。

3
人差し指でこめかみの方向にやや上向きに引っ張り、軽くまばたきをします。
まばたきをするときは、人差し指を充分に引っ張ってください。
 イラスト:人差し指でこめかみの方向にやや上向きに引っ張り、軽くまばたきをします。

4
コンタクトレンズは自然にはずれて落ちてきますので、もう一方の手のひらで受けとめます。  イラスト:レンズは自然にはずれて落ちてきますので、もう一方の手のひらで受けとめます。


はずし方−3>

1
鏡を見ながら、目を大きく開けます。

2
右・左、それぞれの人差し指で上下まぶたのまつ毛のはえぎわを押さえます。
 イラスト:右・左、それぞれの人差し指で上下まぶたのまつ毛のはえぎわを押さえます。  イラスト:右・左、それぞれの人差し指で上下まぶたのまつ毛のはえぎわを押さえます。

3
下まぶたの人差し指を固定させ上まぶたの人差し指でコンタクトレンズをはじき出すようにしてはずします。
 イラスト:下まぶたの人差し指を固定させ上まぶたの人差し指でレンズをはじき出すようにしてはずします。

1
コンタクトレンズははずれて落ちてきますので、身の回りをきれいにしておきます。ハンカチなどを敷いておくと便利です。

 指先やツメが直接目に触れないようにしてください。目に傷がつくことがあります。
1度ではずれないときは、いったん指を離し、やりなおしてください。



ハードコンタクトレンズがはずれにくい場合
<専用スポイトの使用>
指によるはずし方でコンタクトレンズがはずれない場合は、眼科医と相談の上、専用スポイトをお使いください。
専用スポイトは別売品ですので、販売店にてお買い求めください。

 スポイトが直接目に触れないよう注意してください。目に傷がつきます。
スポイトは水道水でよく洗い、いつも清潔に保ってください。汚れたスポイトは、眼感染症の原因になります。


<専用スポイトの使用方法>

1
鏡をまっすぐみて、コンタクトレンズの位置を確かめます。

2
スポイトを軽くつまみ、コンタクトレンズの上にのせると、コンタクトレンズがスポイト側へ吸着され、はずすことができます。
イラスト:スポイトを軽くつまみ、レンズの上にのせると、レンズがスポイト側へ吸着され、はずすことができます。  イラスト:スポイトを軽くつまみ、レンズの上にのせると、レンズがスポイト側へ吸着され、はずすことができます。  イラスト:スポイトを軽くつまみ、レンズの上にのせると、レンズがスポイト側へ吸着され、はずすことができます。
 このとき、スポイトをずらしたり、目の方へ強く押したりしないでください。目を傷つけることがあります。

3
スポイトをつまむと、コンタクトレンズが離れます。
 イラスト:スポイトをつまむと、レンズが離れます。


ハードコンタクトレンズがズレたとき
ズレたハードコンタクトレンズの戻し方

1
コンタクトレンズがどこにあるかを確かめてください。

2
コンタクトレンズのある位置と反対側に鏡を持ち、目だけ鏡の方を見ます。

3
人差し指でそれぞれ示された位置を押さえ、コンタクトレンズを固定させます。
(イラスト 1・2・3・4)

4
鏡をゆっくり正面に戻すと同時に、コンタクトレンズを黒目の上へゆっくり誘導します。

1.コンタクトレンズが鼻側へズレた場合
 イラスト:レンズが鼻側へズレた場合
イラスト:目頭を押さえます
目頭を押さえます

2.コンタクトレンズが耳側へズレた場合
 イラスト:レンズが耳側へズレた場合
イラスト:目尻を押さえます
目尻を押さえます

3.コンタクトレンズが下方へズレた場合
 イラスト:レンズが下方へズレた場合
イラスト:下まぶたを押さえます
下まぶたを押さえます

4.コンタクトレンズが上方へズレた場合
 イラスト:レンズが上方へズレた場合
イラスト:上まぶたを押さえます
上まぶたを押さえます

5.コンタクトレンズがまぶたの奥へ入った場合
指先でまぶたの上を軽くつまみ、周囲から中央へしぼりよせるようにして、コンタクトレンズを黒目の上へゆっくり誘導します。
 イラスト:レンズがまぶたの奥へ入った場合 イラスト:指先でまぶたの上を軽くつまみ、周囲から中央へしぼりよせるようにして、レンズを黒目の上へゆっくり誘導します。



※もし、コンタクトレンズが白目にズレてもこれ以上奥へ入りませんので安心してください。最初、慣れない期間は涙が多いため、またコンタクトレンズをつけた直後、強くまばたきをしたときなど、コンタクトレンズが白目へズレてしまうことがあります。目は袋のようになっていますので、コンタクトレンズが目の奥へ入ってとれなくなることはありません。落ち着いて黒目の上へ戻します。

 コンタクトレンズがズレた場合、指先で直接コンタクトレンズに触れて戻すと、目に傷をつけることがありますので、絶対に避けてください。
どうしてもコンタクトレンズが戻らないときやコンタクトレンズが頻繁にズレるようであれば、眼科医に相談してください。

株式会社
日本コンタクトレンズ
〒454-0825
名古屋市中川区好本町
3-10
TEL:052-363-2750(代)



 初めてのコンタクトレンズのトップへ


トップページへ  このページのトップへ
 株式会社日本コンタクトレンズ 企業情報 ご利用上の注意 プライバシーポリシー
Copyrights(c) Nichicon, all rights reserved.