Dear my vision ニチコン
サイトマップ お問い合わせ サイト内検索
トップページ  製品紹介  初めてのコンタクトレンズ  正しいお手入れ  健康な瞳のために  よくあるご質問
正しいお手入れ
ケアの必要性
コンタクトレンズケアの方法
ニチコン取扱い施設
ケアの必要性
トップページ > 正しいお手入れ > ケアの必要性
 汚れの種類   汚れが原因となる目のトラブル
 コンタクトレンズケアの方法   ケア用品の選択

コンタクトレンズを快適に使用するためには、毎日のケアが必要です。ケアを怠るとコンタクトレンズに様々な汚れが付着して、トラブルの原因となります。

汚れの種類

涙の成分による汚れ

涙にはタンパク質や脂質(油性の成分)、カルシウムなどが含まれています。これらの成分がコンタクトレンズの表面に付着したり、ソフトコンタクトレンズの場合は内部に入り込んだりします。

写真:ハードコンタクトレンズのタンパク汚れ  写真:ソフトコンタクトレンズのタンパク汚れ
ハードコンタクトレンズの
タンパク汚れ
ソフトコンタクトレンズの
タンパク汚れ

写真:ハードコンタクトレンズの脂質汚れ  写真:ソフトコンタクトレンズのカルシウム汚れ
ハードコンタクトレンズの
脂質汚れ
ソフトコンタクトレンズの
カルシウム汚れ


外部からの汚れ

化粧品の成分、コンタクトレンズを扱う手の汚れ、タバコの煙による汚れなどが付着することがあります。
実際にはこれらの汚れが複合して、コンタクトレンズの汚れを形成します。毎日のケアを怠ったり、長期間コンタクトレンズを使用すると汚れが蓄積してきます。

写真:ソフトコンタクトレンズのタバコの煙による汚れ  写真:ソフトコンタクトレンズの複合した汚れ
ソフトコンタクトレンズの
タバコの煙による汚れ
ソフトコンタクトレンズの
複合した汚れ

写真:ソフトコンタクトレンズに発生したカビ(電子顕微鏡写真)
ソフトコンタクトレンズに
発生したカビ

(電子顕微鏡写真)
写真:ソフトコンタクトレンズに発生したカビ(光学顕微鏡写真)
ソフトコンタクトレンズに
発生したカビ

(光学顕微鏡写真)



汚れが原因となる目のトラブル

コンタクトレンズのトラブルの多くは、レンズの汚れが原因ということがわかっています。

写真:ソフトコンタクトレンズ巨大乳頭状結膜炎(GPC)  写真:ハードコンタクトレンズの汚れによる角膜のキズ
ソフトコンタクトレンズ
巨大乳頭状結膜炎 (GPC)
ハードコンタクトレンズの
汚れによる角膜のキズ



コンタクトレンズケアの方法

ハードコンタクトレンズのケア

ハードコンタクトレンズのケアの基本は「洗浄」→「保存」です。
コンタクトレンズに付着した汚れの除去方法としては以下の方法があります。

こすり洗い洗浄
コンタクトレンズを指または手のひらの上でこすり洗いします。
つけおき洗浄
コンタクトレンズを保存中に酵素の力で汚れを分解・除去します。

コンタクトレンズをきれいに保つためには「こすり洗い洗浄」と「つけおき洗浄」の併用をお奨めします。


ソフトコンタクトレンズのケア

ソフトコンタクトレンズは菌やカビが繁殖することがありますので、「洗浄」と「保存」に加えて「消毒」が必要になります。
以前は煮沸による消毒を行っていましたが、最近では保存中に消毒を行う「化学消毒法」が主流になっています。

化学消毒法の種類
マルチパーパスタイプ
1本で洗浄・保存・消毒を行います。。
過酸化水素タイプ
過酸化水素の効果で洗浄・消毒を行います。



ケア用品の選択

ドラッグストア等には様々な種類のコンタクトレンズケア用品が並んでいて、選ぶのに迷うこともあるでしょう。しかしできればニチコンのコンタクトレンズにはニチコンのケア用品あるいは指定のケア用品をご使用ください。
ニチコンでは長期間に渡ってコンタクトレンズの素材とケア用品の適合性試験を実施して、安全性と洗浄効果を確認していますので、安心してご使用いただけます。



株式会社
日本コンタクトレンズ
〒454-0825
名古屋市中川区好本町
3-10
TEL:052-363-2750(代)



 正しいお手入れのトップへ


トップページへ  このページのトップへ
 株式会社日本コンタクトレンズ 企業情報 ご利用上の注意 プライバシーポリシー
Copyrights(c) Nichicon, all rights reserved.