Dear my vision ニチコン
サイトマップ お問い合わせ サイト内検索
トップページ  製品紹介  初めてのコンタクトレンズ  正しいお手入れ  健康な瞳のために  よくあるご質問
よくあるご質問
1.目の知識
2.コンタクトレンズの基礎知識
3.コンタクトレンズを作る
4.コンタクトレンズの適応
5.こんなときどうすればいいの?
6.ケアの知識
ニチコン取扱い施設
 
2.コンタクトレンズの基礎知識
トップページ > よくあるご質問 > 2.コンタクトレンズの基礎知識

ご質問一覧
質問をクリックすると内容が確認できます。

Q2-1. コンタクトレンズはいつ、誰が発明したのですか?
Q2-2. コンタクトレンズは何でできているのですか?
Q2-3. コンタクトレンズの規格DIA/BC/Pとは何ですか?
Q2-4. コンタクトレンズが目から落ちることはないのですか?
Q2-5. 人によってコンタクトレンズが合わないことがあるのですか?
Q2-6. ハードコンタクトレンズにすると、近視が進まないというのは本当ですか?
Q2-7. ハードコンタクトレンズの方が目には良いと聞きますが、本当ですか?
Q2-8. コンタクトレンズは一日何時間はめていられますか?
Q2-9. コンタクトレンズには、涙が大切と言われるのはなぜですか?
Q2-10. コンタクトレンズは高度管理医療機器と聞いたのですが?
Q2-11. コンタクトレンズには酸素を通す穴が空いているのですか?
Q2-12. コンタクトレンズの寿命はどのくらいですか?
Q2-13. 同じコンタクトレンズをもう5年ぐらい使用していますが、まだ使えますか?
Q2-14. Dk/Lとは何ですか?
Q2-15. コンタクトレンズをつけたまま眠ってもいいのですか?
Q2-16. ソフトコンタクトレンズの含水率は高いほうがいいのですか?
Q2-17. コンタクトレンズを装用中に目の中で破損することはないのですか?
Q2-18. 他の人が使ったコンタクトレンズをためしに使ってもいいですか?
Q2-19. コンタクトレンズで円錐角膜は直りますか?



ご質問への回答
Q2-1. コンタクトレンズはいつ、誰が発明したのですか?
A2-1. コンタクトレンズは16世紀に、かの有名なレオナルド・ダ・ビンチが水の表面に目をつけてひとつの模型眼を作り、網膜に像を結ぶことを発見したことが始まりとされています。1888年に実際にガラス製のレンズを作り装用試験を行ったのがスイスの医師ユーゲン・フィックで、コンタクトレンズの名付け親でもあります。日本国内ではニチコンの創業者の一人である医学博士  水谷 豊が1950年に臨床的に成功したのが始まりです。



Q2-2. コンタクトレンズは何でできているのですか?
A2-2. 現在のコンタクトレンズは全てプラスチックでできています。しかし皆さんのまわりにたくさんあるプラスチックとは違い、透明性が高く、ハードコンタクトレンズでは酸素を透過させるためにシリコーンやフッ素という成分を含んでいます。ソフトコンタクトレンズは水を含む性質を持ったプラスチックでできています。



Q2-3. コンタクトレンズの規格DIA/BC/Pとは何ですか?
A2-3. それぞれ
  DIA: レンズ直径
BC: ベースカーブ(レンズ内面の丸み)
P : パワー(度数)
を表示しています。



Q2-4. コンタクトレンズが目から落ちることはないのですか?
A2-4. コンタクトレンズと角膜との間には涙があって、その涙の表面張力によって角膜に張り付いた状態になっています。したがって瞬きによって角膜の上を滑らかに動きますが、はずれて落ちてしまうことはありません。ただし物や風が強く当たったり、涙が乾いてしまうと、場合によっては目から落ちることもあるので注意が必要です。



Q2-5. 人によってコンタクトレンズが合わないことがあるのですか?
A2-5. あります。一般に目や全身に疾患のある人、極度に神経質な人などはコンタクトレンズの使用はできません。またどうしても異物感がとれない人やドライアイ等で乾燥感が強い場合やアレルギーのある人も使用が難しいことがあります。眼科医による目の検査はコンタクトレンズが使えるかどうかを確かめるためにも重要です。



Q2-6. ハードコンタクトレンズにすると、近視が進まないというのは本当ですか?
A2-6. 最近の研究でハードコンタクトレンズはソフトコンタクトレンズや眼鏡よりも近視の進行を抑制する効果が高いことがわかっています。特に若年者ではこの傾向が強いようです。
要因としては素材のかたさの違い、乱視矯正効果の違いなどが考えられます。



Q2-7. ハードコンタクトレンズの方が目には良いと聞きますが、本当ですか?
A2-7. ハードコンタクトレンズの酸素透過性はソフトコンタクトレンズの3〜10倍あり、角膜への負担も小さいことが分かっています。またレンズ直径も8〜9mmと角膜より小さいために涙液交換も含めてさらに酸素供給量は多くなっています。角膜の酸素不足が長期に及ぶと角膜内皮細胞がダメージを受けたり、角膜感染症などの引きがねともなります。
またハードコンタクトレンズの場合は万一角膜に傷がついても、痛みが伴うためすぐに自覚することができますが、ソフトコンタクトレンズは角膜を柔らかく覆ってしまっているために、角膜の異常に気がつくのが遅れるということがあります。さらにソフトコンタクトレンズに比べるとハードコンタクトレンズのほうが近視が進みにくいという研究結果もあります。
これらのことから目にはハードコンタクトレンズが良いと言われています。



Q2-8. コンタクトレンズは一日何時間はめていられますか?
A2-8. 一日の装用時間はコンタクトレンズの種類によって違いますし、個人差もあります。一般に酸素透過性の高いハードコンタクトレンズ(ニチコンRZX、ニチコンEX-UV等)では起きている間中装用することが可能です。
ソフトコンタクトレンズでは最長でも15〜16時間で装用を止めてください。コンタクトレンズの種類によっては連続装用といって装用したまま眠ることができるものもありますが、誰でも可能ではないので眼科医の検査を受けた上で承諾書をかわす必要があります。



Q2-9. コンタクトレンズには、涙が大切と言われるのはなぜですか?
A2-9. 涙は眼の前面を覆い乾燥を防ぎ、外界からのゴミや菌などの侵入を妨げ、さらに角膜に酸素や栄養を与えるという大切な働きがあります。コンタクトレンズをはめた時にもレンズの乾燥を防ぎレンズ下の代謝老廃物を洗い流します。特にハードコンタクトレンズの場合には乱視の矯正の助けになったり、涙液交換によって酸素を角膜に供給します。



Q2-10. コンタクトレンズは高度管理医療機器と聞いたのですが?
A2-10. 2005年4月施行の新しい薬事法では医療機器が人体におよぼすリスクに応じてクラス分類されています。コンタクトレンズは数多い医療機器の中でも一般の方々にもなじみ深いもので、気楽に扱ってしまいそうですが、最もリスクの高い高度管理医療機器に分類されています。
誤った使用方法をしたり、定期検査を怠ったりすると失明につながるような眼障害が生じることもあります。



Q2-11. コンタクトレンズには酸素を通す穴が空いているのですか?
A2-11. 分子レベルの話としてはハードコンタクトレンズには酸素が透過できる程度のごく微細な穴が開いています。当然目に見えるものではありません。またソフトコンタクトレンズでは素材に含まれる水に酸素が溶け込んで角膜まで運ばれていきます。



Q2-12. コンタクトレンズの寿命はどのくらいですか?
A2-12. 目の状態や取り扱い方によって個人差があり、必ずしも何年と言い切る事はできません。一般的に酸素透過性ハードコンタクトレンズは2〜3年ぐらい、ソフトコンタクトレンズは1〜2年ぐらい使えます。キズや破損、汚れなどが使用できなくなる主な原因です。
使い捨てタイプのソフトコンタクトレンズは使用できる期間が決められていますので、必ず守ってください。



Q2-13. 同じコンタクトレンズをもう5年ぐらい使用していますが、まだ使えますか?
A2-13. 一般的にハードコンタクトレンズは2〜3年、従来型ソフトコンタクトレンズは1〜2年が耐用年数(寿命)と言われていますが、レンズが汚れやすい人ではそれよりも短くなりますし、手入れが良くて、それ以上使用できる人もいます。5年は少し長いようです。もしかするとコンタクトレンズに汚れがついていたり、キズがあったりするかもわかりません。一度眼科でコンタクトレンズと目の検査を受けてください。



Q2-14. Dk/Lとは何ですか?
A2-14. 素材自体の酸素透過性は「Dk値」で表されますが、実際の酸素の「透過量」はコンタクトレンズの厚さ(L)によっても変化します。つまり同じ素材でも薄いコンタクトレンズほど酸素透過量は多くなります。そこでDk値をレンズの厚さ(L:正確には平均厚)で割った値がレンズとしての酸素透過性の比較に用いられます。



Q2-15. コンタクトレンズをつけたまま眠ってもいいのですか?
A2-15. コンタクトレンズを入れたままうっかり眠ると、酸素不足で角膜に大きな負担がかかり、場合によっては重大な眼障害につながるおそれもあります。寝る前には必ずはずす習慣をつけてください。
(連続装用を許可されたコンタクトレンズは、つけたまま眠ることができますが、必ず眼科医の指導に従ってください。)



Q2-16. ソフトコンタクトレンズの含水率は高いほうがいいのですか?
A2-16. ソフトコンタクトレンズでは含水率が高いほど素材自体の酸素透過性が高くなりますので、角膜への負担は小さくなります。しかし含水率が高くなるほどコンタクトレンズが汚れやすくなり、また乾燥感も強くなる傾向があります。ソフトコンタクトレンズでは含水率とコンタクトレンズの厚みのバランスが重要になります。



Q2-17. コンタクトレンズを装用中に目の中で破損することはないのですか?
A2-17. 目にボールが当たったりなどのよほど強い衝撃を受けないかぎり破損することはありません。
ただし周辺部に欠損があるコンタクトレンズをそのまま装用していると弱い力でも破損したりやぶれたりすることもありますので注意してください。



Q2-18. 他の人が使ったコンタクトレンズをためしに使ってもいいですか?
A2-18. 他人のコンタクトレンズを使うと言うことは、目に合わないものを使うことになります。衛生上の問題もありますから、絶対に使用しないでください。



Q2-19. コンタクトレンズで円錐角膜は直りますか?
A2-19. 円錐角膜はその原因も不明で、薬剤による治療方法も現在ではありません。コンタクトレンズも円錐角膜を治療する目的で使用するのではなく、円錐角膜に伴う屈折異常(近視や乱視)を矯正する目的で使用します。ただしオルソケラトロジー効果といい、コンタクトレンズで円錐角膜の頂点を押さえ込むことによって、進行を抑制する働きはあると言われています。
>> 円錐角膜の詳細はこちら


株式会社
日本コンタクトレンズ
〒454-0825
名古屋市中川区好本町
3-10
TEL:052-363-2750(代)



 よくあるご質問のトップへ


トップページへ  このページのトップへ
 株式会社日本コンタクトレンズ 企業情報 ご利用上の注意 プライバシーポリシー
Copyrights(c) Nichicon, all rights reserved.