Dear my vision ニチコン
サイトマップ お問い合わせ サイト内検索
トップページ  製品紹介  初めてのコンタクトレンズ  正しいお手入れ  健康な瞳のために  よくあるご質問
よくあるご質問
1.目の知識
2.コンタクトレンズの基礎知識
3.コンタクトレンズを作る
4.コンタクトレンズの適応
5.こんなときどうすればいいの?
6.ケアの知識
ニチコン取扱い施設
3.コンタクトレンズを作る
トップページ > よくあるご質問 > 3.コンタクトレンズを作る

ご質問一覧
質問をクリックすると内容が確認できます。

Q3-1. コンタクトレンズは初めてなのですが使い捨てコンタクトレンズと普通のコンタクトレンズとどちらがよいですか?
Q3-2. 初めてコンタクトレンズを購入しようと思うのですが、どうしたらいいのでしょう?
Q3-3. コンタクトレンズを作るときの検査内容を具体的に教えてください。
Q3-4. 何回くらい通院すればコンタクトレンズができますか?
Q3-5. コンタクトレンズを購入するとき、なぜ眼科の検査が必要なのですか?
Q3-6. コンタクトレンズを購入する際にいくらぐらい費用がかかるのですか?
Q3-7. 価格の安いコンタクトレンズがありますが、品質が悪いのですか?
Q3-8. 眼科に定期検査に行くと、どんな事をするのですか?
Q3-9. 新しくコンタクトレンズを作りかえたら、前のコンタクトレンズとデータが違っていた。大丈夫ですか?
Q3-10. 前と同じコンタクトレンズをメーカーから直接、購入したいのですが。
Q3-11. コンタクトレンズの度数はどのくらいの範囲まで対応していますか?
Q3-12. ケアなどのお手入れが一番楽で簡単なコンタクトレンズは、どのコンタクトレンズですか?
Q3-13. コンタクトレンズの保証について教えてください。
Q3-14. 近くでニチコンのコンタクトレンズを購入できる所を教えてください。
Q3-15. ニチコンのコンタクトレンズの中で、UVカットのレンズはありますか?
Q3-16. 酸素透過性の一番高いレンズは、どれですか?
Q3-17. ニチコンのコンタクトレンズの中で連続装用できるレンズはありますか?
Q3-18. ニチコンのコンタクトレンズは、海外で購入できますか?



ご質問への回答
Q3-1. コンタクトレンズは初めてなのですが使い捨てコンタクトレンズと普通のコンタクトレンズとどちらがよいですか?
A3-1. コンタクトレンズの選択には様々の条件を考慮する必要がありますので、初めてだからといって一概に使い捨てコンタクトレンズと普通のコンタクトレンズのどちらがよいかは決めることはできません。
コンタクトレンズを選択するにあたって「医学的な適用」「ライフスタイルによる選択」「経済面での選択」などを十分に考える必要があります。このホームページの中にある「あなたにあったコンタクトレンズは?」を参考にしていただき、最終的には眼科医とよく相談の上で決めてください。
   あなたに合ったコンタクトレンズは?へ



Q3-2. 初めてコンタクトレンズを購入しようと思うのですが、どうしたらいいのでしょう?
A3-2. まずコンタクトレンズの処方を行っている眼科医院や総合病院の眼科を訪ねてください。そこで眼科医による視力や目の状態などの検査を行い、コンタクトレンズを使用しても問題がないと判断されたら、コンタクトレンズの処方検査を行います。この検査では実際にテスト用のコンタクトレンズをはめて、見え方やはめた状態を観察したうえで、最適なコンタクトレンズのカーブや度数を決定します。
そしてその処方どおりのコンタクトレンズを隣接のコンタクトレンズ販売店等で購入します。コンタクトレンズのデータによっては、販売店に在庫が無いこともありますので、その場合はメーカー等からの取り寄せとなります。
できあがったコンタクトレンズをはめて、再度視力や装着状態を確認します。その後コンタクトレンズのはめ外しの練習をし、毎日のお手入れ方法等の説明を受けます。
このようにコンタクトレンズを購入するためには眼科での検査が不可欠です。面倒と思われるかもしれませんが、これも皆さんの目を守るための大切なルールです。



Q3-3. コンタクトレンズを作るときの検査内容を具体的に教えてください。
A3-3. 最初に全身や眼疾患の既往を調べるための「問診」を行い、一般的な眼科検査として角膜や眼底などに異常がないか観察を行います。裸眼視力の測定後、オートレフケラトメーターによって目の屈折状態(近視、遠視、乱視などの程度)および角膜曲率半径(角膜の丸み)を検査します。次いで眼鏡を用いてどれだけ視力が矯正できるかを確認します。
それらのデータをもとにトライアルレンズというテスト用のコンタクトレンズをはめて、装着状態や自覚症状などを参考に最適なベースカーブや直径を決定します。トライアルレンズはレンズ度数が合っていないので、もう一度眼鏡を用いて最適なレンズ度数を決定します。
おおよそ以上でコンタクトレンズの処方が完了しますが、目の状態や眼科医の判断によって、眼圧測定、角膜内皮測定、角膜形状解析などの他の検査が加えられることもあります。



Q3-4. 何回くらい通院すればコンタクトレンズができますか?
A3-4. 通常は1〜2回くらいの通院でコンタクトレンズが渡されます。その後は定期検査が必要です。



Q3-5. コンタクトレンズを購入するとき、なぜ眼科の検査が必要なのですか?
A3-5. コンタクトレンズは便利な物ですが、直接目に接触させて使用するため、使用方法を誤ると問題を生じることもあります。そのため必ず眼科の検査が必要になります。また、コンタクトレンズのフィッティングを検査することも医療行為ですので眼科でなければ行ってはならないことです。



Q3-6. コンタクトレンズを購入する際にいくらぐらい費用がかかるのですか?
A3-6. コンタクトレンズ代金とは別に検査料が必要です。コンタクトレンズ代金は個々の販売店によって異なりますのでご確認ください。また検査料はコンタクトレンズ処方に必要な眼科検査の費用で、検査項目によって異なりますが初診料込みでおよそ6,000円〜8,000円で、健康保険が適用されますので実費はそれぞれ異なります。



Q3-7. 価格の安いコンタクトレンズがありますが、品質が悪いのですか?
A3-7. コンタクトレンズの販売価格は販売している施設で決められていますので価格が安いからといって、必ずしも品質が悪いとは限りません。
ニチコンの製品につきましては医療機器GMPの整った工場で万全の品質管理のもと生産されていますので、販売価格によって品質が異なるということはありません。



Q3-8. 眼科に定期検査に行くと、どんな事をするのですか?
A3-8. コンタクトレンズの定期検査では主に以下のことをチェックします。
 
視力
角膜や結膜の状態
コンタクトレンズの装着状態
コンタクトレンズの汚れなどの検査
  自覚的に問題がなくとも、角膜に障害が発見されることもあります。定期検査を受けることによって、重大な眼障害を未然に防ぐことも可能です。どんなに調子がよくても3ヶ月毎の定期検査を受けるように心がけてください。



Q3-9. 新しくコンタクトレンズを作りかえたら、前のコンタクトレンズとデータが違っていた。大丈夫ですか?
A3-9. コンタクトレンズの種類によってはデータが変わることもあります。また近視の程度も変わることがありますので、それにともなってコンタクトレンズの度数も変更しなければなりません。いずれにしましても、新しくコンタクトレンズを作った時点で最良のデータが決定されていますので安心してください。



Q3-10. 前と同じコンタクトレンズをメーカーから直接、購入したいのですが。
A3-10. コンタクトレンズは薬事法で定められた高度管理医療機器ですので、眼科医の指示に基づいた販売が義務づけられています。また目の状態も変化している可能性もあります。まず眼科医の検査を受けてください。その後コンタクトレンズの販売許可を受けた販売店(メーカーも含む)で購入してください。



Q3-11. コンタクトレンズの度数はどのくらいの範囲まで対応していますか?
A3-11. コンタクトレンズの種類によって度数の範囲は異なりますので、コンタクトレンズの種類を確認の上で眼科、販売店あるいは弊社まで直接お問い合わせください。
 
<ニチコンお客様相談室>
フリーダイヤル 0120-86-2750



Q3-12. ケアなどのお手入れが一番楽で簡単なコンタクトレンズはどのコンタクトレンズですか?
A3-12. 毎日のケアがめんどうな人には1日使い捨て(ワンデータイプ)のソフトコンタクトレンズをお奨めします。朝はめて夜はそのまま捨てるのでケアは不要です。ただしコストは高くなります。



Q3-13. コンタクトレンズの保証について教えてください。
A3-13. コンタクトレンズの保証につきましては、レンズを販売している施設によって条件等が異なりますので、個々にお問い合わせください。



Q3-14. 近くでニチコンのコンタクトレンズを購入できる所を教えてください。
A3-14. ニチコンホームページ内で検索できます。
>> ニチコン取扱い施設検索はこちら
探してもお近くにない場合はフリーダイヤル(ニチコンお客様相談室)にお電話ください。
<ニチコンお客様相談室>
フリーダイヤル 0120-86-2750



Q3-15. ニチコンのコンタクトレンズの中で、UVカットのレンズはありますか?
A3-15. 以下のハードコンタクトレンズは目に有害な紫外線(UV)をカットします。
ニチコンEX-UV
ニチコンEX-UVトーリック
プラスビュー
ローズK2
UVカット率は全てのレンズで同じで、UVA波:83%、UVB波:98%、UVC波:99%以上です。



Q3-16. 酸素透過性の一番高いレンズは、どれですか?
A3-16. ニチコンの製品の中ではニチコンEX-UV、ニチコンEX-UVトーリック、プラスビュー、ローズKに使用されている素材が最も酸素透過性が高く、酸素透過係数(Dk値)は100x10-11(単位)です。ただし実際の酸素透過性はレンズの厚さによっても異なりますし、またメーカーごとに若干測定方法が異なっていますので、単純な比較は避けたほうが良いでしょう。



Q3-17. ニチコンのコンタクトレンズの中で連続装用できるレンズはありますか?
A3-17. ハードコンタクトレンズのニチコンRZXは厚生労働省より1週間までの連続装用の許可を受けています。ただし連続装用を行うにあたっては眼科医の承諾が必要です。職業上どうしても必要な場合を除き、連続装用は目に対する負担が増大しますのでお奨めはしません。



Q3-18. ニチコンのコンタクトレンズは、海外で購入できますか?
A3-18. 残念ながら海外で購入はできません。



株式会社
日本コンタクトレンズ
〒454-0825
名古屋市中川区好本町
3-10
TEL:052-363-2750(代)



 よくあるご質問のトップへ


トップページへ  このページのトップへ
 株式会社日本コンタクトレンズ 企業情報 ご利用上の注意 プライバシーポリシー
Copyrights(c) Nichicon, all rights reserved.